Home /NEWS ホンダ、自動車とアンドロイ...

グーグル ホンダ 自動車

ホンダ、自動車のアンドロイドとの統合を目指すOAAに加盟を表明

米グーグルと自動車メーカーと半導体メーカーのNVDIAの6社で、自動車へのアンドロイド「Android」プラットフォーム搭載を目指すアライアンス、オープン・オートモーティブ・アライアンス「Open Automotive Alliance(OAA)」にホンダが加盟する事を発表しました。

OAAとは

発表によりますと、参加企業は、米グーグルと自動車メーカーのアウディ・GM・ホンダ・ヒュンダイ、そして半導体メーカーのNVIDIAで、OAAは自動車とAndroidデバイス(スマートフォン等)との連携の強化の他、自動車技術をより便利で安全に進化させていくことを目指しているとの事です。更に自動車自体をAndroidデバイスとして使用すると言う、Androidプラットフォームの開発もするとしています。

この試みをざっくり、ITサイドからではなく、自動車サイドから組解くと、例えて言うのであれば、スマートフォン(Androidデバイス)の様に直感的な操作・ネットを使用したサービス等、多様な機能を持った自動車を開発していくと言う事です。具体例ではグーグルマップ搭載の自動車等は容易に想像できます。むしろもう作ってそうですが。

自動運転技術も進歩させている一方で、車自体をAndroid化させてしまうという試み。そこに国内メーカーとしては唯一ホンダが参加すると言う事で、どのような自動車が登場するか楽しみです。

僕の頭の中では、あのナイトライダーのK.I.T.Tことナイト2000が浮かんでいます(笑)

[Source OAA via HONDA]

コメントを残す