Home /NEWS ホンダの新型車 N-WGN...

ホンダ 新型車 軽自動車 NWGN

ホンダの新型車 N-WGNが発表から10日で1万2984台受注

ホンダから発売された軽自動車の新型車であるN-WGN(エヌワゴン)が12月1日までの10日間で、1万2984台に達したと発表しました。N-WGN(エヌワゴン)の月間販売目標は1万2000台としており、滑り出しは好調となっています。

ホンダの新型車 N-WGN

ホンダのNシリーズ第4弾として発売した軽自動車の新型車であるN-WGN(エヌワゴン)は、ライバル車である、スズキのワゴンRには燃費性能ではわずかに及ばなかったが、総合的なバランスに優れ、なによりホンダの人気軽自動車のNシリーズというのも強みの一つでもあります。

衝突回避支援システム安全装備も充実しており、あんしんパッケージの装着率も8割となっているそうです。これからのスタンダードとしての装備は十分備えており、ホンダをしてはN BOXを超える一位を狙う車種として期待していると思われます。

Nシリーズの新型車

逆に言うと、Nシリーズのバリエーションが増えることで、他のN BOX、N ONE等の販売台数にも影響を与えるのも必至で、そのあたりのバランスもホンダとしては悩みどころになってくるのでは無いでしょうか?消費者としては、選択肢が増えるのは非常に嬉しい事ですが。

11月の新車軽自動車販売の、軽自動車部門では1位がN BOXが1万9513台で、ライバル車とするワゴンRは6位で1万1586台なので、ここに食い込んでくることは間違いない所です。軽自動車業界の熱い戦いは終わらなそうです。

コメントを残す