Home /NEWS ホンダ レジェンド 201...

ホンダ レジェンド 海外車

ホンダ レジェンド 2013年オーストラリアでの販売8台

ホンダのコンパクトカーのフィットや、SUVのヴェゼルの発売と意気込みでホンダが非常に勢いがある一方で、2013年のオーストラリアでのワースト12の販売台数が発表され、愕然とした事実が判明しました。

ちなみにこのワースト12は、3桁未満・100台以下のオーストラリアでの正規販売車とのことです。そしてその12台の中に、まさかの日本自動車メーカーの車が5台も入っています。ホンダのレジェンドを引き合いに出しましたがワースト1は、三菱の電気自動車である、i MiEV。こちらはなんと0台!!同じ電気自動車である日産のリーフは188台と何とか回避しています。ちなみに、超高級車や限定車は除いたランキングとなっているそうです。

オーストラリア 販売自動車台数ワースト12

栄えある1位に輝いたのは三菱の電気自動車 i MiEV。これは電気自動車とう言う点で多少分かりますが、まさかの0台とは。オーストラリアでは都市圏でも電気自動車に対するインフラ整備や、購入に対する支援などが無いことが推測されますね。

三菱 オーストラリア 海外車

  • 1位:三菱 i MiEV – 0台
  • 2位:ケーターハム – 2台
  • 3位:ホンダ レジェンド – 8台
  • 4位:ボルボ S80 – 20台
  • 5位:ロータス エリーゼ – 33台
  • 6位:インフィニティ M – 42台
  • 7位:ホンダ CR-Z – 58台
  • 8位:シトロエン C4 グランドピカソ – 61台
  • 9位:プロトン Gen-2 – 64台
  • 10位:インフィニティG37 – 75台
  • 11位:ボルボ C70 – 80台
  • 12位:プロトン ペルソナ – 92台

そして、3位にホンダのフラッグシップセダンであるレジェンド!これは…確かに日本国内でもかなり不人気車種ではありましたが、ホンダがグローバルグローバル言ってるのに、そのホンダのフラッグシップがここまでとは…米国では、後継車種のアキュラ RLXが販売されていますが、オーストラリアではされていないようですね。

ちなみに、価格を見てみようとオンラインで見てみたら、在庫台数が無いので直接問い合わせをと出ました(笑)まあ、2012年に生産終了しているはずですから、逆に何故ラインナップに入れてるのかが謎ですが…

更に、CR-Zもランクイン。やはり電気自動車やハイブリッドはオーストラリアではそこまで人気あるわけでは無いのでしょうか?

日産 オーストラリア 海外車

そして、日産の高級チャンネルのインフィニティからも2車種登場。インフィニティ Mと G37。G37と言えばスカイラインクーペ!かなりモデル末期とは言え何とも言えない切なさがありますね。

聞きなれないプロトンと言うメーカーがありますが、この自動車メーカーはマレーシアの自動車メーカーです。Gen-2は90年代の三菱ののプラットフォームをベースとしている5ドアハッチバックです。そして、ペルソナはその派生車種だそうです。しかし、オーストラリアでここまで日本車が入ってくるとは、ちょっと驚きです。

2014年は日産スカイラインと、ホンダレジェンドが新型に変わると思われますので、さすがにワーストと言うことは無いと思いますが。

Source:caradvice

コメントを残す