Home /NEWS ホンダ製の飛行機ホンダジェ...

ホンダジェット 

ホンダジェット、米連邦航空局から承認を得た事を発表

ホンダが開発中の小型ジェット機ホンダジェットが、米連邦航空局から型式検査承認を受けたと発表しました。承認を得たことにより量産に向けた最終的な試験飛行ができるこようになり2015年からを予定されている量産の準備が整うとのことです。
ちなみにホンダジェットは、既に100機以上を受注を受けています。

ホンダジェット
 

このホンダジェットは、本田技研工業の創業者、本田宗一郎氏の夢が具現化された物で、ホンダのバイクのロゴであるウィングマークも「いつかは空へ羽ばたきたい」という願いを込めて採用されたものです。

ホンダは、1962年に本田宗一郎が航空機事業への参入を宣言し、1986年から和光基礎技術研究センターが開設されてからは本格的に航空機研究を開始し、1993年に他社製エンジンを搭載しての飛行に成功しています。

しかしホンダは、エンジンを含めすべて自社製に拘り(エンジンは、提携先の米ゼネラルエレクトリックと共同開発)2006年からホンダジェットの開発が進められていました。

ちなみに、一見バランスの悪そうなエンジンの位置は、効率よくエンジンに空気を取り込めるからだそうです。

コメントを残す