Home /NEWS ホンダ シビックタイプR ...

シビック タイプR

ホンダ シビックタイプR コンセプト発表直前に画像が流出!

ジュネーブモーターショーで公開されるとされているホンダのシビック タイプRコンセプトが公開直前に画像が流出したとフランスの自動車メディアturbo.frがリポートしています。

ホンダのコンパクトカーシビックのハイパフォーマンスバージョンとして開発されていたホンダ シビックタイプR。以前のシビックタイプRのようなシャープなフロントバンパーや、大きく張り出したフェンダーによってワイド化されたボディ。かなり大型のウイングと一体化されたテールランプが特徴的です。

ホンダ シビックタイプR コンセプト

シビック タイプR

気になるパワートレインは正式な発表を待たないと分かりませんが、最低でも最高出力280ps以上の新しい直噴ターボエンジンが搭載され、最大トルクは400Nmと言われています。

ここからどこまで市販車にデザインを落としこむのか分かりませんが、大型化されたウイングがかなりの迫力を持っています。

欧州仕様?シビックタイプR

ホンダシビックタイプRは3代目モデルより、欧州仕様と国内仕様とで別のものとなっており、今回発表されるものは欧州仕様と見られており、2015年内に市場投入を目指し、ニュルブリンクにおけるFF車最速を目標に掲げ開発がすすめられていました。

2012年より参戦しているWTCC(World Touring Car Championship)より、技術のフィードバックもされ、ホンダの渾身の一台となることは必然となっており、公開が待たれていた車種です。

Source turbo.fr

コメントを残す