Home /NEWS グーグル グラスをしていて...

Google Glass

Google Glassをしたまま運転して違反キップを切られた女性が不起訴に!

Google Glassをしたまま自動車を運転していて、米サンディエゴ警察に違反キップを切られた女性のことが話題になっていると以前記事にしましたが、その件についてサンディエゴ地裁が、運転中にGoogleGlassを使用していた確かな証拠が無いという理由で訴訟を取り下げたとReuterがリポートしています。

Google Glassをかけていた事で切られた違反キップ

Google Glass

Google Glass

この女性、そもそもはスピード違反で捕まった時にGoogle Glassをかけていて違反キップを切られたのですが、この違反で問題になっていたのは、運転中にモニターを見ていたと言う理由でした。
日本でも同じですが、運転中にドラーバーがナビやオーディオ以外が映っているモニターを見る事は法律で禁止されています。(そのため純正のTVは走行中に映らない)
今回の論点はGoogleGlassがオンになっていて、使用していたかどうかという事でしたが、車に付いているモニターならば違反キップを切った際に見えますが、GoogleGlassだとパット見ではそれが分からないということです。(夜ならわかるのかな?)

また、違反キップをきった警察官も、もともとGoogleGlassで違反キップを切るつもりはなかったが、彼女があまりに反抗して怒り狂うので、仕方なく切ってしまったとコメントしたのも不起訴の要因の1つとなったようです(笑)

怒り狂う女性も女性ですが、怒り狂ってるからって違反切符をきる警察官も・・・(笑)

Source Reuter

コメントを残す