Home /NEWS 自動車の前後重量配分が、5...

BMW-2-Series-2

自動車の前後重量配分は50:50がベスト?

自動車の重量配分を限りなく50:50に近づけた、もしくは50:50になっている等、この数値はFR車好きなら一度は耳にしる言葉ですよね。そもそもこの数値は本当にベストなのでしょうか?TOP画像はあくまで自動車メーカー全体の事をさしているので、特定の車種をさしているわけではないので、あくまでイメージ画像です。

答えは。正直状況によると思うの分かりませんが、ソース元ではモータースポーツでのFRには40:60と駆動輪に荷重をかけているものもあるとあります。後輪駆動なのですからそれも当然なのですが、50:50にこだわるメーカーもあります。

50:50に拘る理由

基本的にフロントに荷重がかかっている方が操縦性が穏やかになり、リアに荷重がかかるほど過敏なハンドリングになると言われています。つまり50:50には、運転性能、もっと言えば運転を楽しくしてもらうと言う心意気の現れなのです!

Ferrari-428-1

ちなみに、ミッドシップスーパーカーであるフェラーリ等は42:58なんて事も珍しくなく(画像はフェラーリ458 イタリア)、ここまでくるとかなりフロントに荷重をかけないと曲がりません。逆に言うとある程度はフロントに荷重のある50:50はそこそこのバランスとも言えるわけですね。

ソース元では完全なイメージ戦略と言われていますが、ブランディングと言うイメージでは成功しているということの現れでもあるわけです。逆に言うと、こう言うアンチが生まれる事自体が自動車メーカーの戦略にしっかり飲み込まれていると言うことですね。

Source:vehicle123

コメントを残す