Home /NEWS ホンダ「フィットで低燃費ナ...

トヨタ 新型車 アクア ホンダ フィット スズキ アルト

トヨタのアクアのマイナーチェンジで燃費ナンバーワンに対してホンダ

ホンダが9月に、フィットをフルモデルチェンジし、ついにハイブリッド車の低燃費ナンバーワンとなる、リッター36.4キロの燃費性能で、フィットハイブリッドが発売されました。と低燃費性能ナンバーワンの座は3ヶ月で陥落、、トヨタアクアが11月26日にマイナーチェンジを施し、リッター37.0キロに引き上げたことにより、3ヶ月だけの王者となってしまいした。ホンダ側の心理はどんなものなのでしょう。

コンマ数キロの低燃費争い

トヨタのアクアがまたしても、ハイブリッド車のナンバーワンになったわけですが、ほんのコンマ数キロの差で、フルモデルチェンジの為に新開発したホンダハイブリッドシステムにはまだ伸びしろがあると考えられます。熟成しきったアクアのハイブリッドシステムはこれ以上伸びないとの考えも出てきているようです。

このコンマ数キロのカタログ燃費は実際の走行で、どのくらい差が出るのでしょうか?実燃費の方が重要なのですが、やはり買うまでわからないと言うのが現状です。

トヨタアクアとホンダフィットのカタログ燃費

そんな状況を考えると、アクアのマイナーチェンジでのカタログ値引き上げは、メーカーの維持と、ナンバーワンと肩書でしょうか。ホンダとしても、ナンバーワンの肩書は欲しいと考えられます。今回のトヨタ アクアのマイナーチェンジで一番ショックを受けたのはホンダだとは思いますが、確実に次なる一手をうってくるのは間違いないでしょう。ホンダはもしかすると、予想の範疇だったのかもしれません。何と言っても新型車の為の新開発のハイブリッドシステムですから、先があります。

トヨタ 新型車 アクア ホンダ フィット スズキ アルト 1

この争いに終止符を打たれるのはいつの事になるのでしょう。そこにばかり開発費を費やして、本来の車性能を見誤ってほしくないと思うのが、車好きとしての本心です。実際、フルモデルチェンジ直後にリコールを出したりしていますから…

ちなみに、ハイブリッドではありませんが、スズキの軽自動車のである、アルト エコ。こちらはガソリン車でありながらリッター35.0キロと言う低燃費性能!他にも今はカタログ値で、リッター30キロ超えがゴロゴロいます。実際全てを同条件で実燃費を比較してみたいですね。

コメントを残す