Home /NEWS 運送会社スタッフが輸送中の...

フェラーリ 事故 保険

運送会社の従業員が勝手にフェラーリ458を乗り回し、事故って真っ二つに!

米アラバマ州で、フェラーリ458イタリアが事故で、エンジン部分と運転席を含めたフロント部分が真っ二つになるという衝撃的な事故が発生しました。しかもフェラーリを運転し事故ったのは持ち主ではなく、そのフェラーリを輸送中の運送会社の従業員であるとのこと。

事故の詳しい詳細はわかっていませんが、運送会社の従業員が、積載車に乗せる前に、フェラーリ458イタリアを勝手に乗り回し、時速225kmのスピードで電柱に激突。そして真っ二つにしてしまったようです。

運転していた運送会社の従業員は現在昏睡状態、同乗していた人も重症を負ったと言うことです。

日本でも外食産業の従業員が不衛生な行為を行い、更にそれをネット上にアップし、店が謝罪するという話が多発し、中には従業員の行為により店を閉じるところまであります。この運送会社もフェラーリなどを輸送する位なので信用が大切。車は保険で直せても、失った信用は簡単には取り戻せません。もう2度と高級車輸送の仕事はこなさそうな気がします。

乗ってしまった従業員の気持ちも、まったく分からない訳では無いですけどね。

少し前には、おじいちゃんが新品のフェラーリを買って孫に良い所を見せようとして事故ってますけど、フェラーリクラスを運転するにはそれなりのスキルが必要ですね。
孫を乗せ新車フェラーリで良い所を見せようとして事故!体は無傷も保険が・・・

コメントを残す