Home /NEWS GM、C7 シボレー コル...

コルベット C7 スティングレイ シボレー

ゼネラル モーターズ ジャパンが、新型のシボレー C7 コルベット コンバーチブルの日本導入を発表

ゼネラルモーターズ ジャパンは、スティングレイの名称を復活させた(日本では商標権の問題で未使用)アメリカン スポーツカー代表で、第7世代のシボレー コルベットのオープン モデルとなる新型シボレー コルベット コンバーチブルを日本市場において導入することを発表しました。

新型シボレー コルベット コンバーチブルは、今年3月スイスの2012ジュネーブモーターショーで発表された第7世代(C7)コルベット クーペ同様に、今年60周年を迎えたシボレー コルベットの伝統を受け継ぎながら、自由なライフスタイルを演出するのにふさわしい、アグレッシブで洗練されたデザインを持ち、かつ、高性能なパフォーマンスを発揮します。

コルベット コンバーチブルにも新たに設計されたフレーム構造とシャシー、パワートレーンが採用され、インテリアにはカーボンファイバーとアルミニウム、ハンドメイドのレザー素材を使用。

コルベット C7 スティングレイ シボレー

また、新型コルベット コンバーチブルのルーフ システムは、車速が約50km/hまでの走行中においても、開閉が可能なように設計されています。厚い三重の布地は、防音効果やグラス・リヤ・ウインドウに加えて、静かで、ラグジュアリーな車内空間を演出。

なお、詳しいスペック、価格、発売時期などは、後日発表との事です。

コメントを残す