Home /NEWS コルベット Z06が日産 ...

2015-chevrolet-corvette-z06-

新型コルベットZ06が量産車最速タイムを叩き出していた?

ニュルブルクリンクのラップタイム最速記録とは車好きにとって特別な意味を持つ数字であることは間違いありません。現時点で実測されている量産スーパーカーのニュルブルクリンク最速タイムはラディカル SR8 LMの6分48秒。

しかしながらこのクルマは完全オープンボディの少量生産スポーツカーであり、実質ロードカーとしての最速タイムと呼べるのはポルシェ 918スパイダーの6分57秒、ランボルギーニ アヴェンタドール SVの6分59秒、そしてマスプロダクトカーとしては日産 GT-R NISMOの7分08秒が最速クラスのタイムを出しています。

今回、そこに新型の2015 シボレー コルベット Z06が7分08秒前後、つまりGT-R NISMOと同等のラップタイムを実は出していたのでは?とAUTOWEEKが伝えています。

2015-chevrolet-corvette-z06-sports

シボレーは、2015年初頭にコルベットでタイムアタックを実施することをアナウンスしていましたが、それが悪天候で一度お流れとなってしまっており、日を改めて最近再び挑戦は行われたとのこと。

そんなラップタイムを記録していながら公式な発表がされない理由としては、以前お伝えしている通り現在ニュルブルクリンクに新たに設けられた速度制限とタイム公開禁止の暫定的ルールによって、シボレーはせっかくのその好タイムを公開できないでいるのではないか?というワケ。

聖地でなくなる!?ニュルブルクリンクがタイム アタックを禁止に!

実際に7分08秒程度のタイムを記録しているとなれば、新型コルベット Z06の動力性能は世界最高レベルであることは疑いようのない事実。

果たして真相やいかに?

Source: AUTOWEEK

2015 Chevrolet Corvette Z06 vs 2015 Nissan GT-R Nismo!

コメントを残す