Home /NEWS ケーターハムがバイク部門を...

ケーターハム バイク

ケーターハムがバイク部門を立ち上げ、コンセプトバイクを発表

あのライトウェイトスポーツカー、スーパーセブンで有名なケーターハム カーズ社が、11月5日から開催された、イタリアのモーターバイクショー「2013EICMA」で突然バイク3車種を発表。バイク部門を新設し、ショーには電動バイクを含む3種類の生産化を検討しているプロトタイプ・バイクを発表、出展しました。
 

ケーターハム バイク

ケーターハム バイク
  

今回発表されたのは、オフロードバイクのケーターハム・ブルータス750「Caterham Brutus 750」。イタリアのスクーターメーカー、イタルジェットの創設者の息子、、アレッサンドロ・タルタリーニ氏が、2012年に発表した『ブルータス750E」の色違いと見られています。また、電動バイクのケーターハム・クラッシックEバイク「Caterham Classic E-Bike」は1回の充電で32Kmから80Kmの走行が可能なクラシカルなバイクとなっています。また、F1のケーターハムチームの技術に触発された電動バイク、ケーターハム・カーボン・Eバイク「Caterham Carbon E-Bike」はアルミニウムやカーボンを多用して軽量化を図っています。販売に関して、ブルータス750は2014年春、電動バイクの2種は2015年に発売を開始すると発表されています。

既に、ケーターハムは2014年の2輪、MOTO2選手権への参戦を、2013年F1世界選手権の場で表明しています。ちなみに、資金面に心配の無くなった、同社はここのところ意欲的な事業展開を張っており、動向に注意したいメーカーです。

コメントを残す