Home /NEWS 将来、自律走行自動車の車内...

自動運転自動車 車内 新型車 外車 ティザー 2

将来、自律運転自動車の車内は、ここまで自由になる?

2014年3月開幕の、スイス、ジュネーブモーターショーで公開される予定の、リンスピード社が開発している、自律走行自動車のティーザー画像が公開されました。

この画像は、革新的なコンセプトモデルを製作することで有名な、スイスのリンスピード(Rinspeed)社が公開する予定の、新しいコンセプトカーのティーザー画像で、自律走行する、全電動のドライブトレインを持ったツーリングセダンの、コンセプトスタディモデルのインテリア画像です。

現在、世界中の自動車会社が、ハイブリットや電気自動車の次は、自律走行可能な自動運転車両が市場を占めると予測して、グーグルやボルボ、国内でもトヨタ日産など各社が開発にしのぎを削っていますが、今回の画像は、今後主流となる車両のインテリアの提案としても注目されそうです。

自動運転自動車 車内 新型車 外車 ティザー

自律運転車両の未来像

公開されたインテリアは、飛行機のビジネスクラスに触発された快適なシートや新しいエンターテイメントシステムを持ち、その他のサービスと統合された操作系、ジェット機に採用されているようなフライ・バイ・ワイヤ技術を採用したステアリングホイールなどが特徴になっているとのことです。

しかし、一切操縦系に手を触れずに目的地にまで移動できるとなった場合、従来のセダンタイプのキャビン・スペースで満足できるのかと、単純に疑問に思ってしまいます。もっとリビング的なものも、素人としては想像してしまいますが、どう思いますか?ここまで来ると、そもそもこれハンドルとか必要なのでしょうか…

コメントを残す