Home /NEWS アウディ 手榴弾にも耐える...

Audi-A8L 防弾車 外車

アウディ 装甲防弾仕様のA8ーL セキュリティを発表

アウディは、マイナーチェンジを果たしたばかりの、フラッグシップサルーンのアウディ A8をベースとした、A8L-セキュリティを発表しました。

アウディ 防弾仕様のA8ーL セキュリティ

ベースとなるアウディ A8に熱間成形の装甲・アラミド布_セラミックス_特殊合金アルミと多層ガラスなどが装備された、A8ーL セキュリティは、BRV「Bullet Resistant Vehicles」(防弾車)の2009年VR-7の防弾規格に準拠し、さらにERV「Explosion Resistant Vehicles」(爆発耐性車)の2010年にも準拠した仕様になっています。

Audi-A8L 防弾車 外車

Audi-A8L 防弾車 外車

新型 アウディA8ーL セキュリティは、軍事手榴弾の攻撃にも耐え、標準装備の19インチ鍛造ホイールに装着されるタイヤはプラスチック製リングを用いたタイヤで、パンクした状態でも80km/hでの走行が可能としています。

尚、新型 アウディA8ーL セキュリティはのパワートレインは、4.0リッターのTFSIエンジンと、W12エンジンの2種類から選択可能との事です。

防弾仕様車を正式発表するなんて、アウディの顧客で身の危険を感じている人が多いのでしょうか?確か麻生元総理大臣がアウディA8にお乗りと聞いたことがありますが、そのようなVIPクラスからの要望があった。。。のでしょうねきっと。

あとは、アウディの安全に対するイメージ・技術力をアピールする狙いもある気もしますが、正直防弾車を選ぶ方でアウディを選択する方は非常に少ないのでは?と思うので、???ばかり浮かんでしまいます。

Source:audi

1 reply to this post

コメントを残す