Home /NEWS アウディ版のフォルクスワー...

フォルクスワーゲンUp! アップ アウディ A0

アウディ版のフォルクスワーゲンUp!が登場!?

アウディが、フォルクスワーゲンのスモールカーUp!のメカニズムを流用したアウディAO(Aゼロ)を2015年にリリースすることを計画していると、英国の自動車専門誌Auto Expressがリポートしています

フォルクスワーゲンのUp!は、高い質感と大人4人が無理なく乗れる室内スペースを確保した上で1万ユーロから購入できることを目指して開発されながらも、ボディの67%に軽量化と高剛性を両立させ、2ドアモデルでは車重900kgを実現しながらユーロNCAPで最高の5つ星となる高い安全性を実現しています。

日本でも発売後わずか3週間で3000台を受注し好調が伝えられています。ちなみにこの数字は、日本市場におけるBMWの1カ月間の販売台数に相当し、フォードの年間販売台数を上回るものだ。新聞ではup! がフォルクスワーゲンの主力モデル VWゴルフの販売台数さえ抜くのではないかと予想しているほどです。

アウディ版Up!、Audi A0

Auto ExpressによるとアウディバージョンのUp!は、フォルクスワーゲンUp!のメカニズムを流用しながらも、アウディのトレードマークであるシングルフレームグリルやLEDライトなどのエクステリアや、レザートリムや良質のプラスチック、高機能なインフォテインメントシステムなどを用いた、よりプレミアムに仕立てられたインテリアによってUp!と差別化されるとのことです。

フォルクスワーゲン Up!-mii-citigo
 
既にフォルクスワーゲン グループに属するチェコ自動車メーカー シュコダの「citigo」(上写真左下)、同じくスペインの自動車メーカー セアトの「Mii」(上写真右下)は、同じようにUp!メカニズムをほぼそのまま流用して作られたリバッジ車で、販売されています。

そのような前例も考えるとあり得るのかな?とも思いますが、個人的には『アウディ ブランドの安売りなのでは?』とも思ってしまう部分もあります。
 

コメントを残す