Home /NEWS 日産、ル・マン参戦予定の電...

日産 電力駆動レーシングカー

日産 電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」公開

日産とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、電力駆動レーシングカー『Nissan ZEOD RC (ゼロ・エミッション・オン・デマンド「Zero Emission On Demand Racing Car」、ズィーオッド アールシー』を17日、日本で初めて公開しました。この「Nissan ZEOD RC」は、日産は、将来的に計画しているLMP1(ルマンプロトタイプ1)クラス参戦を見据えて、開発されていました。ル・マン24時間レースの主催者であるACO(西部自動車クラブ)から、革新的な技術を披露するマシンのための特別エントリー枠「ガレージ56」が与えられており、2014年の同レースへの参戦を予定しています。
Space

日産 電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」

日産 電力駆動レーシングカー 2

『Nissan ZEOD RC』は、日産の電気自動車、リーフをベースとした、EVレーシングカーであるNissan LEAF NISMO RCの開発を通じて蓄積した技術を活用され、ル・マン24時間レースが開催される8.5マイルのサーキット1周を電力だけで走行する初めてのマシンとなり、最高速度は時速300km以上に達し、LM GTE車両よりも高い速度で走行可能になるとのことです。電力駆動と小型軽量ターボエンジンによる駆動を切り換えることが可能で、ブレーキ回生により、バッテリーに充電することも可能となっています。

なお、日産 電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」は、富士スピードウェイで、10月20日に決勝が行われるFIA世界耐久選手権(WEC)の会場で間近で見ることが可能とのことです。

参考画像 プロトタイプ ZEOD

Nissan-Le-Mans-5

プロトタイプの時と大まかなデザインは変わっていないように見えますが、空力や排熱等の効率を考えて細かく変更されているものだと思われます。以前から電気自動車(FV)へ力を注いでいる日産。素晴らしい技術の進化です。デザインの好き嫌いについては…コメントを控えさせていただきます。

 

[source: 日産]

コメントを残す