Home /NEWS 日産、自動運転実験用車両に...

日産 自動運転 リーフ


日産、自動運転実験用のリーフにナンバーを取得!公道実験を開始へ

自動運転の実現に向けての研究を行ってきた日産が自動運転技術の開発車両の日産リーフに公道ナンバーを取得を完了し、ついに公道実験を開始する段階に入ったことを発表しました。8月に米カリフォルニアで開催された「Nissan 360」日産は2020年に自動運転技術の市販化を目指すことを発表していました。
Space

日産 自動運転技術

この自動運転技術は、レーザースキャナーと車載カメラを用いて、車両の周囲の状況を常時把握し、他の車両に遭遇した際には、人工知能で対象車両の動きを解析し、蓄積された知識の中からその場に応じた適切な行動を選び出してハンドルやブレーキなどの運転操作を自動で行うそうです。信号機のない交差点への侵入や駐車車両の追い越しといった複雑な運転環境でも、正しく状況判断して安全に走行できるととの事です

日産 自動運転

ちなみに実験用車両のナンバーは、2020年の実用化への夢を込めて2020とのことです。
Space

自動運­転技術を搭載した車両でのデモ走行動画

日産リーフをベースとした市街地走行を目的とする自動運­転技術を搭載した車両でのデモ走行を日本で初めて一般公開した際の動画です。自動車の自動運転については、まだ改善の余地があると思われますが、各社の自動運転システムへの取り組みは激しくなってきています。安全安心な自動運転技術、楽しみです。

 

[source: 日産]

コメントを残す