Home /NEWS レクサスISのクーペ バー...

レクサス IS クーペ RC

レクサス RCクーペは2013東京ショーに、RC-Fは2014デトロイトショーでデビュー!?

レクサス ISの2ドアクーペ バージョンのレクサスRCクーペが2013年の東京モーターショーでデビューし、そのFモデルとなるレクサスRC-F クーペ、またはレクサスIS-F クーペののデビューは2014年1月の北米国際オートショーなると米国 自動車情報メディアAutomotive Newsが匿名のインサイダーからの情報を元に伝えています。
Space

RCクーペ

Automotive Newsによると、RCクーペにはLexus IS350″にも採用されている排気量3.5L V型6気筒エンジンや、レクサスIS300hの排気量2.0L 4気筒エンジンベースのハイブリッドドライブトレイン(日本と欧州仕様)がラインナップされる見込みです。

そのハイパフォーマンスモデルのRC-Fには460hpの最高出力を発揮するV型8気筒エンジンが搭載されるとのこと。このV型8気筒エンジンについての詳細はまだ不明ですが、レクサスのチーフエンジニアの古山 淳一氏がオーストラリアのメディアの取材に対し、欧州の環境規制をクリア出来ない現行IS-Fに搭載される”2UR-GSE”型 排気量5.0L 8気筒エンジンではないと発言しているため、新しく開発されるユニットであると言われています。


画像はスパイショットされたレクサスRCの開発車輌

レクサス IS クーペ RC-3

レクサス IS クーペ RC-1

レクサス IS クーペ RC-4

コメントを残す