Home /NEWS レクサス GSにハイブリッ...

レクサス GS ハイブリッド追加 一部改良

レクサス GSにハイブリッドモデル車 GS300hを追加設定

レクサスは10月17日、同社の『GS』を一部改良し、新たにハイブリッド車のGS300hを追加設定したほか、GS450h・GS350・GS250の一部改良も行い、販売を開始しました

レクサスによると、GS300hは、2.5ℓ直列4気筒アトキンソンサイクルD-4Sエンジンと、高トルクモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。グランドツーリングセダンにふさわしい走りとともに、クラストップレベルのJC08モード走行燃費23.2km/Lを実現。「2015年度燃費基準+20%」と「2015年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、「環境対応車 普及促進税制」の減税措置の対象としている。
Space

GS450h・GS350・GS250 一部改良概要

一部改良では、GS350(2WD車)に8-Speed SPDSを新採用し、高速巡航での燃費向上に貢献。また、走行中、ドアミラーで確認しにくい後側方を走行する車両をレーダーで検知し、ドライバーに注意喚起することで、車線変更時の安全運転を支援するブラインドスポットモニターをオプション設定。 さらに、ヘッドアップディスプレイをカラー表示に変更することで、視認性を向上させました。

インテリアでは、バンブーのオーナメントパネルの設定をGS350、GS250のバージョンL、Iパッケージに、本木目(ウォールナット、縞杢)のオーナメントパネルの設定を、Fスポーツに拡大。このほか、LSにも採用したレクサス クライメイト コンシェルジュを標準装備(除く一部グレード)。オートエアコン、シートヒーター、シートベンチレーションを連携制御させることで、車内を快適に保つとともに、冷やしすぎ、暖めすぎといった過度な働きを抑制することで、省燃費にも寄与する。

エクステリアでは、全車においてフロントフォグランプをLEDタイプに変更したほか、LEDクリアランスランプに昼間の被視認性を高めるデイライト機能を追加。バージョンLには、19インチアルミホイールをオプション設定。

なお、外板色には、新たに Fスポーツ専用色ホワイトノーヴァガラスフレークを設定し、全11色に。

価格は、GS450hが704万円~804万円、GS350が595万円~714万円、GS300hが580万円~670万円、GS250が514万円~604万円となっています。

コメントを残す