Home /NEWS モータースポーツに置けるシ...

レカロ シート 重要性

レカロシートと言う選択肢。レカロ「Recaro」の強みとは一体何なのか。

車やモータースポーツに興味を持ったことがある人なら、一度は耳にしたことがあるレカロ。レカロは乗用車用の交換シートが有名でもありますが、旅客機や鉄道車両の座席、オフィス用の事務椅子も製造しています。珍しいところでは野球・サッカーのスタジアムのベンチにも採用されており、ヨーロッパの有力クラブの試合中継で”RECARO”のロゴが描かれているシートに座る選手たちを見ることもあったりします。
Space

スタジアムにあるレカロシート

レカロ シート 重要性2

乗用車用に話を戻しますと、完全に競技用のリクライニングなしのもの他、スポーツ走行にも対応したリクライニング付きのもの、スポーツ走行よりは快適性を追求したもの、そして、商用車用、チャイルドシート等もあります。

レカロを選ぶメーカー

レカロのシートは国産車ではオプションですら設定が殆どないものが多いので、純正品とレールごと交換して取り付ける場合が殆どです。純正で採用もしくはオプションで採用されているものは、日産GT-Rやホンダ インテグラ・シビックタイプR等、スポーツ走行を意識した車種が殆どです。また輸入車のスポーツカーでも多く採用されています。ジム・カーナや、レース・ドリフト走行等のスポーツ走行する事を想定された車に採用されている事が多いです。

レカロ シート 重要性3

バケットシート

バケットシート自体は色々なメーカーから発売されています。レカロやスパルコ、BRIDEなどのメーカーや格安のノーブランド品も売っています。その中でもレカロはホールド性だけでなく、長距離運転も苦にならない高性能の製品を扱っているので、使用者も多いです。難点は金額の高さでしょうか。6万円台から高い物は70万円を超えるものもあります。これは予算と用途によって考えると良いと思います。

レカロ シート

ホールド性能が良いのはもちろん、非常に疲れにくいです。スポーツ走行だけでなく、普段の運転をするにあたって、車のスペックをあげる事も大切ですが、常に座る事になるシートを交換することは見た目以上に重要な事だと筆者は考えます。もちろんレカロだけでなく、色々なメーカーがありますので、選択できる自由があると言うのも、逆に言えばありがたいのかもしれませんね。

コメントを残す