Home /NEWS マツダ CX-5 スカイ...

マツダ CX-5 試乗記 評価

マツダ CX-5 試乗記 評価

マツダが2012年2月に発売し、燃焼効率に優れたスカイアクティブ「SKYACTIV」エンジンを搭載し、日本国内においては、事実上CX-7の後継車となっているマツダ CX-5。2.2リッターディーゼルターボエンジンを搭載した事でも話題になった車種で、ライバル車も多いSUV市場にマツダが送り込んだ車種です。そのマツダ CX-5を個人の方で試乗記を書いている方がいらっしゃいましたので、紹介させていただきます。

車好きおやじさんのマツダ CX-5試乗記引用

去年のカー・オブ・ザ・イヤー受賞車、マツダ CX-5の試乗をしてきました。

コンパクトカーの試乗が多い私のブログでは最大級ではないでしょうか。

試乗したのSkyactive搭載のガソリン車。CX-5と言えばディーゼルに目がいきますが、価格帯が大分違うので、ガソリンを選ぶ方も多いでしょう。マツダと言えば、ミニバンでもスポーティーなハンドリングを与えているメーカー。更に受賞車ということもあり、期待が高まります。

流石にこのクラスになると内装の質感も高いです。メータ周りもホンダのような子供っぽさがなく好感がもてます。しかし、、ダッシュボードの上がながく、その向こうには、これまた長いボンネットが見えます。ちょっとクラッシックというか、、もう少しダッシュボードに立体感というか、工夫があってもいいと思うのですが。。

マツダ CX-5 試乗記 評価2

それでは、試乗してみましょう。

大きな車体をゆっさりと動かし、駐車場からでます。うん、乗り心地は悪くないです。静粛性も高く、快適です。

この車はロックアップ付きのトルコンオートマですが、ゆっくり走っている分には変速ショックはまったく感じられません。

マニュアルモードに変えて、加速をしてみましょう。お! 以外に軽やかに吹け上がります。結構、力強いです。レッドゾーン近くまで回しても、スムーズに回ります。この回す楽しさはディーゼルでは味わえないですね。

しかし、このオートマ、できがよいです。ダイレクト感が非常に高く、変速ショックもほとんどなく、感触が上品です。走らせていると、キビキビした動きに車体の大きさ、重さを忘れます。隣の車線の前方が空いたので、車線変更、そして加速。オー、、結構いい加速。ハンドリングも素直で自然な感じ。

ただし、車線変更の時には流石に、大きな車体がもっさりと動く感覚があります。まあ、大きいといってもスバルxvと大差ないのですがね。。この辺はxvの方がうまくできてます。

この車のライバルと言えばスバルのフォレスターでしょう。ただ、フォレスターにはまだ試乗していないので、同じエンジンで乗り味が近いであろうxvと比較してみます。重さは大差なく、パワーも同じくらい。xvの方が背が低く、幅が狭いです。加速性能は同じくらいですが、多少、cx-5の方が力強さを感じます。逆にxvは水平対抗らしい滑らかさ、上質さがあります。
ハンドリングの感触は、マツダ車vsスバルということで、自然さでマツダが上です。サスペンションは、xvの方が柔らかめで、しなやかに動き、乗り心地がよいです。しかも、ハンドルを切ったときの安定感もあります。CX-5と違い重さを感じません。室内の広さ、荷室の広さは大差ない感じです。フォレスターなら間違いなくcx-5より広いでしょう。

んーー、、比較してみると、xvの方がいい車のような。。水平対抗エンジンによる低重心やサスペンション、上質なエンジン。xvいい車です。あ、燃費はcx-5の方が良さそうです。まあ、カー・オブ・ザ・イヤーは技術的な先進性も重要ですからね。

では、評価です。

・動力性能        3.5点 必要にして十分+α
・乗り心地        3点 多少のコツコツ感はあるも特に乗り心地を意識しない。
・室内の広さ       4点 十分広々だが車体の割には。。
・面白さ         3点 まあ、こんな試乗で十分。でも大きな車は気を使う。
・コストパフォーマンス 3点 適切な価格
・上質度     3点 国産ファミリーカーとしては十分高級
・気軽さ度       2点 遠出のときだけ使う
・総合(気に入り度)  2点 乗りたくはないけど、頼まれたら乗る。

んーちょっと厳しい評価になりました。

※追記
この車を候補にしている方はご存知かもしませんが、初期ロットのサスペンションと現在販売しているロットのサスペンションには大きな差があるそうです。
試乗車は初期ロットなのでしょう。。。
今のバージョンでは変なもっさり感がなく、安定したサスだそうです。。。。
今のロットの車にのったら私の評価は大きく変わる可能性もありますので、あまり参考にならないかも。
しかし、日本のメーカーはサスに対する認識が甘いですね。ユーザを舐めていると思います。
乗り味が大きく変わったのなら、しっかりと公表すべきです。
マツダのハンドリングを信頼して、試乗前に予約するユーザや、試乗コース等の問題で購入前に見極められないユーザもいます。ぜひ、マツダにはユーザを大切にしてもらいたいー引用終わりー

本人も言われていますが厳しい総合評価ですね (笑)
けれど動力性能
・乗り心地・室内の広さ
・面白さ ・コストパフォーマンス・上質度全てに3以上(平均以上、最高で4をつけているのでSUVが欲しい人にはおススメなのかもしれませんね。

注意、この試乗記はご本人に連絡をとり許可を頂いて掲載しています。評論家・モータージャーナリストでは無いあくまで一般人(個人の方)の主観による意見・感想です。シークドライブでは、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、いかなる保証もいたしませんので、利用者自身の判断でご利用下さいますようお願いいたします

コメントを残す