Home /NEWS マツダ CX-5を一部改良...

マツダ CX-5 2.5リッター追加発売

マツダ クロスオーバーSUV車 CX-5を一部改良し発売

マツダは10月17日、クロスオーバーSUV車であるCX-5を一部改良を行い発売を開始しました。スカイアクティブ技術の、SKYACTIV-G 2.0・SKYACTIV-D 2.2に加え、SKYACTIV-G 2.5搭載車を追加発売しました。同エンジン搭載車には、わずかなタイヤの動きや路面状況をリアルタイムにモニターして積極的に後輪へのトルク配分を行い、優れた走破性能を持ちながら、燃費性能にも寄与する高効率な駆動システムである、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDを採用した機種を設定しました。
Space

マツダ CX-5 一部改良 概要

2.5Lガソリンエンジン搭載機種を追加
高効率2.5L直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」を設定し、滑らかでパワフルな走りと優れた燃費性能を両立

  • 2WD: 最高出力138kW(188PS)/5,700rpm、最大トルク250Nm(25.5kgf・m)/3,250rpm
  • 4WD: 最高出力135kW(184PS)/5,700rpm、最大トルク245Nm(25.0kgf・m)/4,000rpm
  • JC08モード燃費: 15.2km/h(2WD)、14.6km/h(4WD)、ガソリンエンジン車は、25S Lパッケージ(2WD)を除く全車がエコカー減税(環境対応車普及促進税制)の75%減税の対象車

尚、2.5リッターモデルの販売価格は、2,530,000〜2,814,000円、アニバーサリーモデルは2WD/4WDモデルがそれぞれ、2,835,000〜、3,045,000円〜となっています。

関連記事[マツダCX-5 限定999台の特別仕様車を発売!国内SUV市場1位の座に感謝をこめて]

コメントを残す