Home /NEWS マツダ米販売、CX5は77...

マツダ 米国販売

マツダの米国法人が4月の米国新車販売

主力車種のマツダ3(日本名:アクセラ)が、7067台を販売。前年同月比は16.9%減と、4か月連続で前年実績を割り込む。1月末に新型が発売されたばかりのマツダ6(日本名:アテンザ)も、需要に供給が追い付かず、22.4%減の2933台にとどまった。マツダ2(日本名:デミオ)も、46.2%減の564台と、4か月連続のマイナス。また、好調だったマツダ5(日本名:プレマシー)は失速。4月は762台にとどまり、前年同月比は19.1%減とマイナスに転じた。
Space

マツダの米国新車販売

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)では、新型SUVのCX5が、6262台を販売。前年同月比は77.8%増と大きく伸びた。大幅改良モデルを投入したCX9も、1694台を販売。前年同月比は11.2%増と、4か月連続のプラスを維持する。

スポーツカーでは、MX5(日本名:ロードスター)が612台を販売。前年同月比は11.6%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

総販売台数は1万9894台。前年同月比は7.5%減と、4か月連続で前年実績を下回ったが、北米マツダは『SKYACTIV技術搭載車の販売が好調!』と説明している。

RX9と新型(次期)ロードスターを早く投入して一発逆転を! でも、少し高くなってもいいのであまり安っぽい内装にはしないで欲しい (笑)

コメントを残す