Home /NEWS 次期ロードスター、ニュルで...

時期 マツダ ロードスター

マツダ ロードスター、ニュルでのテスト走行をキャッチされるも、リリースは後ろ倒しか!?

2013東京モーターショーで発表を行うと見られていた、次期マツダ・ロードスターが発表延期をする模様です。次期ロードスターは、アルファロメオ・スパイダーとプラットフォームを共用することを前提に開発が進められており、その内容は業界でも期待されるものとなっていました。
デザイン的にも既に予想がなされており、そのデザインはカーマニアを強くひきつけ、更に、アルファロメオのデザイン展開も、強い興味を持って待ち望まれていました。

リリースは後ろ倒しの理由とは!?

今回の延期は、企画内容の練り直しを図ったためと見られ、元マツダのエンジニアである、貴島氏の、「前モデルを超えなければ、出す意味がない」という貴島イズムを貫くためのリスケジュールと見られています。
新型では「楽しさでも世界一」を目指すとしており、今まで以上の走りのキレを目指し、より爽快感をアップしたロードスターを目指している模様です。

内容的には、一層の軽量化、安全性能向上、環境性能の向上と、現代のスポーツカーに求められるスペックをクリアーする必要が有り、エンジンのダウンサイジングは排気量1.5LアクセラのスカイアクティブGをレスポンス重視型に大幅改良、安全性能は、シート背後のロールバーに横転保護のエアバッグを内蔵する。またサイドインパクトバーはドアヒンジと直結することで、強度をアップし、側面衝突性能を高めると共に、ボディ剛性のアップや、ドア開閉音の高級感にも効果があるとしています。

更に、オープンカーの弱点である、ボディ剛性の低下には、新技術が投入され、剛性向上の為に助手席はフロアに直付けされ、スライドレールを取ることによる軽量化と、剛性向上を確保したようです。
また、ハードトップは従来型と異なり3分割とし、ルーフの一部をカバーにすることで、スタイリングの自由度を高め、幌と同じような自然なデザインが可能となりました。重量は、部品点数が増えたにも関わらず、幌採用車と比較して、40kg増程度となる模様であり、此れは現行型とほぼ同一と見られています。

ロードスター ニュルブルクリンクでのテスト走行

一方で、実車での開発もすすんでおり、既にニュルブルクリンクでテスト走行を行っているショットが撮影されました。以前にもその姿が捉えられていましたが、今回もほぼ現行モデルのボディを纏ったままでしたが、フロントアクスルを前方に移して、ホイールベースを伸ばし、トレッドを前後とも広げるなどの、次期型モデルの特徴を想わせるものとなっています。
ホイールベースを伸ばすことで、高速での直進性を高め、ワイドトレッド化することでコーナリング能力を高めている、と想像し車に趣味を持つものとして一刻も早く発売されることを願っています。

時期 マツダ ロードスター 新型車

時期 マツダ ロードスター 新型車

時期 マツダ ロードスター 新型車

コメントを残す