Home /NEWS NSXの小型バージョンをホ...

小型 NSX ホンダ

ホンダが小型のNSXを開発中!?

現在開発中の新型NSXですが、そのNSXよりもボディサイズが小さく価格も安く設定される小型バージョンのNSXをホンダが開発中かもしれないと米国車情報サイトmotor trendが伝えています。
Space

NSXとスモールNSX

motortrendによると、2008年のリーマン・ショック以前、ホンダは新型NSXモデルを2タイプ開発していたようで、1つはNSXの後継車(当初はV10後輪駆動の予定だったが、デトロイトオートショーでお披露目されたコンセプトカーはハイブリッドAWD)で、もう1つは「スモールNSX」(仮称)と呼ばれるモデルだ。

その時のスモールNSXは、その計画が世間に知られる以前に中止になっていたようだが、今回その計画が復活したという。

車情報サイトmotortrendが独自に入手した情報によると、スモールNSXは新型NSXをそのまま小さくしたモデルとのこと。ミッドエンジンで、おそらく新型と同じスポーツハイブリッドSH-AWDシステムになると予想されている。搭載されるパワートレインはまだ不明だが、ホンダの4気筒ターボエンジンが採用される可能性が高いそうです。

NSXを小さくと聞くと新型ビートを想像してしまいましたが、まったく別のモデルかもしれません。

新型 ビート

新型NSXの市販化は2015年の予定なので、スモールNSXは2017年頃に発売されるのではと予想されていて。気になる価格は、フルサイズより安い5~6万ドル(日本円で約390~470万円)になる見込みだそうです。

それなら頑張れば買えるかも(笑)

コメントを残す