Home /NEWS ホンダ新型CR-Zはシビッ...

ホンダ新型CR-Z シビック タイプR ターボハイブリッド

ホンダ次期型CR-Zはシビック タイプRのシャシーにターボハイブリッドを搭載へ!?

ホンダは、2013フランクフルトモーターショーでホンダ シビック タイプR プロトタイプの画像やスペックを公表しましたが、そのシビック タイプRのプラットフォームを流用して次世代ホンダCR-Zが設計されることになっていると、オーストラリアのメディアmotoring.com.auがリポートしています。

ホンダCR-Zの次期型は2016年に発売!?

そのリポートによると2016年にリリースされるという次期型CR-Zは、シビック タイプRのシャシーアーキテクチャーを、多少ホイールベースを短縮する形で採用しスポーツ志向され、そのシャシーには、現行CR-Zの排気量1.5L 4気筒エンジンi-VTECベースのハイブリッドドライブトレインよりも大幅に強力な、最高出力165kW(≒221hp)を発揮する排気量1.5L 4気筒ターボエンジンベースのハイブリッドドライブトレインが搭載されるとのことです。

また、ベースとなるホンダが現在開発中のホンダ シビック タイプRは、最高出力280ps以上の排気量2.0L 4気筒直噴ターボエンジンを搭載することという情報を明らかにし、プロトタイプのニュルブルクリンクサーキット北コースでのテスト走行の動画を公開しています。

ホンダ新型シビック タイプR プロトタイプのニュル テスト走行動画

ホンダ シビックタイプRプロトタイプ

 

[source: motoring.com.au]

コメントを残す