Home /NEWS ホンダ N BOXが上半期...

Nbox-1 ホンダ 販売台数

ホンダ N BOXシリーズが軽自動車で一位

トールワゴン人気の先駆けとも言える、ホンダのN BOXシリーズ(N BOX+含む)が2013年度上半期(2013年4月~9月)の販売台数が11万155台(全国軽自動車協会連合会調べ)となり、軽四輪車新車販売台数でNo.1を獲得しました。現在トールワゴンは、10月3日に販売開始された新型タント・タントカスタム、同日デザインが公開された日産デイズルークス、三菱eKスペースと次々に市場に投入され激戦区となっています。
Space

ホンダ N BOXシリーズ 2013年上半期新車販売台数 総合3位

Nbox+ プラス 販売台数

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べでは、2013年度上半期(2013年4月~9月)車名新車販売台数でホンダ N BOXが3位と軽自動車でトップ。総合1位はトヨタのアクア、2位にはトヨタのプリウスに次ぐ順位となり、イコールガソリン車でもナンバーワンとなっています。2013年度上半期ランキングの上位10車は以下の通りとなっています。(カッコ内は前年同月比)

1位 アクア 12万7993台(2.3%減)
2位 プリウス 12万1634台(19.2%減)
3位 N BOX 11万0155台(7.0%減)
4位 ムーヴ 10万7591台(44.5%増)
5位 ワゴンR 8万8071台(8.7%減)
6位 ミラ 7万6690台(26.6%減)
7位 フィット 6万7918台(33.2%減)
8位 ノート 6万6259台(101.0%増)
9位 スペーシア 6万4003台
10位 タント 6万0069台(31.8%減)

ここに新型フィット・フィットハイブリッド、新型タント・タントカスタム等話題の車種が次々と今秋から投入され、今後順位が相当入れ替わるのではないかと予想されます。完全に燃費やエコ重視の車が売れ筋な現在、どう差別化を図るかが勝負の決め手となりそうです。

 

[source: 日本自動車販売協会連合会]

 
Space

コメントを残す