Home クーペ/スポーツカー ホンダ ビートの後継車S6...

s660-コンセプト ホンダ 東京モータショー

ホンダ ビートの後継車S660

ミッドシップ軽スポーツカーとして、いまだ中古車が流通しているホンダ ビートは、その小さなボディの運転席背後にエンジンを積み、まるで走るミニチュア・スーパーカーのようでした。小さなボディにミッドシップマウントされたエンジンは、それを見るだけで楽しくなり、インテリアも若者の心を浮き立たせるような演出がなされていました。そのビートの後継車S660が東京モーターショーに出展される事は先日お伝えしましたが、そのS660の価格は200万円台となるようです。
Space

ビートの後継車S660は200万円台!?乗り出しだと300万円近くに?

今回、2013東京モーターショーに、ホンダはビートを新しく生まれ変わらせた、オープンスポーツS660コンセプトを発表します。1991年から96年にかけて販売されたホンダの軽自動車ビートの後継車は200万円台で、2014年中の発売を想定しているようです。初代ビート?が150万円以内だった事を考えるとS660は、若干高い印象はうけます。200万円台だとして実際オプションを多少付けると乗り出しだと300万近くなってしまうのかな?

軽自動車は、その価格や維持費が安価に済むため、人気をよんでおり、ホンダは手軽に乗れるスポーツカーとして若者にアピールしたいと考えているようです。今回のモデルも、小さなスポーツカーとして、親しみやすく、且つ若者のスポーツ心と所有する喜びを、満足させてくれる物と期待しています。

nsx-1 ホンダ 東京モーターショー

また、このホンダS660は次期NSXコンセプトや先日公開されたNワゴン「N WGN」と一緒に東京モーターショーに出展され詳細が公開される事となっています。Space

コメントを残す