Home /NEWS ホンダ・新型アコード ハイ...

ホンダ アコード ハイブリッド

ホンダ、新型アコード ハイブリッドの受注台数

アコード ハイブリッドは、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、ホンダ独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載し、30.0km/Lという驚愕の燃費を実現した新型ハイグレードセダンです。ゆとりある上質な室内空間も特徴とハイグレードセダンの名にふさわしい存在感のあるスタイリングが売りになっています。
Space

アコードのグレード

アコードのグレードは”LX”(365万円)と”EX”(390万円)の2タイプがあり、予定していた国内販売計画は1,000台/月であったが、6月21日~7月21日現在、7,000台を超える累計の受注を達成したことを発表しました。とても好調なスタートとなっています。タイプ別構成比は、”LX”43%、”EX”57%であり、オプション装着率は”レザーパッケージ”が43%、”サンルーフ”は9%。購入層は、50代の子離れ層が約7割を占めているとのことです。 カラー構成比は、”プレミアムスパークルブラック・パール”が31%、”ホワイトオーキッド・パール”が30%、”アラバスターシルバー・メタリック”が 17%、”シャンパンプラチナ・メタリック”が16%、”モダンスティール・メタリック”が6%となっているそうです。

アコード ハイブリッドは、同社独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」

ホンダ アコード ハイブリッド エンジン

メカニズムとしてはTHSこえたのでは、と言う反応もありますが、新型フィットハイブリッドの発売も控えての段階でのこの売れ行きはホンダにとっては非常に嬉しいニュースだと思います。発表当初は、サイズがかなり大きくなったのと、ワゴンが無くなってしまったので(現段階)どうなのかと思っていましたが、いらない心配でしたね。フィットへの前の助走としては、かなり大きくとれたのでしょはないでしょうか。マツダアクセラと良い、日本のセダン市場もどんどん活性化してほしいです。

コメントを残す