Home /NEWS トヨタ ノアに試乗 した...

トヨタ ノア 試乗

トヨタのノア & ヴォクシー

お馴染みのトヨタの人気ミニバン、ノア & ヴォクシーがモデルチェンジを控えていますが、逆に言えば、モデル末期で値引きもかなり期待できますし、中古車市場に一気にあふれてくるので、チャンスだと思います。そこで試乗記事をまとめてみました。
Space

トヨタ ノア Si(CVT)Siに試乗したmutanさん

購入後1ヵ月
前車はハイエース(100系・3000ccディーゼルターボ・LVサルーンEX・平成7年登録)でした。

【エクステリア】
特にSiとSは若々しいフロントマスクが気に入りました。あんまり派手なのは好きではないのでこれで満足です。視認性と夏場の車内温度重視でパールホワイトにしました。

【インテリア】
全長全幅は前車とほぼ一緒(5ナンバーでした)なのに車内スペースが2/3ほどに減りました。ミニバンでこの狭さとは…。それに随所にコストダウンされている様子。ドア回り、ダッシュボードは前車はウレタンだったけどカチカチのプラスチック。部品の合わせ目にはプラのバリが出てますし…。シート表皮もただの布張り。犬を乗せるので出来ればスウェード調が良かったです。ルームライトが前車はプッシュ式で大変便利だったのでスライドスイッチしかないのか…とガッカリしていたのですが後でプッシュでも使えることがかわかってとてもうれしかったです。

【エンジン性能】【走行性能】
一般道ではとても静かです。N制御とやらも気になりません。今までがディーゼルでうるさかったので…。初めてのCVTで当初ギクシャク感がありましたが慣れました。
でも、すべてにおいてハイエースのほうが断然良かったです。ここまで違うとは…買い替えをちょっぴり後悔しています。特にこちらの高速では長いアップダウンがやたら多いのですが、すぐに速度が落ちるし追い越しも一苦労。ハイエースでは全く苦労したことが無く余裕だったのでものすごくストレスが溜まります。クルコンが必要なワケが初めてわかりました。また、前車では高速走行中だけは大変静かだったのにノアだとロードノイズはすごいし、エンジン音もうるさいです。
ディーゼルは非力だと思っていたのでガソリン車で2000ccもあれば余裕だろうというのは全くの見当違いでした。

【乗り心地】
若干硬いです。前車がふわふわしすぎていたのかもしれません(実際スポーツ車からの乗り換えだったので最初のころは違和感がありました)が、一度慣れると乗り心地が大変良かったので出来れば同じくらいの乗り心地が良かったです。

【燃費】
平均12.5キロです。予想より良かったので満足です。

【価格】
モデル末期なので他社に比べても大幅値引きがありお買い得でした。

【総評】
良かった点は運転席だけでなく全席の窓がオートパワーウインドウなところ。
ほぼすべてのスイッチにパイロットランプが点くこと。

スマートエントリーで開錠する際、ドアを開けるためにハンドルを握ればいいだけなので「開錠する」という一手間が省けること。

パワースライドドアが開閉途中でもすぐに逆の動作ができること(開ける途中で閉める、またはその逆)。
たまたま目撃したステップワゴンでは動作途中で一時停止したうえで、再度開けるか閉めるか操作しないといけなかったようなのでそれはちょっと不便かなぁと思いました。その車の持ち主さんは奥さんから早く開けてよ!とギャーギャー文句を言われてました…。私もせっかちなので同じ状況になったら言いそう(汗)

セレナのボタン開閉がいいなぁと思っていましたが、開けるときはともかく閉めるときはボタン長押しより車内側のドアノブを引けば簡単に閉められるのでボタンが無くても使用感に不足はありませんでした。

不満な点は評価項目に書いたこと以外に、ギアがMTチックなので思わず左足が動いてパーキングブレーキを踏みそうになったことが何度か…素直にストレートのレバーで良かったです。

それにしても乗れば乗るほどハイエースってすごい車だったんだなぁと思うことが増えました。唯一の不満は外観がオッサンくさい事だけだったので徹底的に修理して乗りつづければ良かったかなぁ…。買ったからには20万キロまで乗るつもりですがハイエースほど愛せるかちょっと不安です。

トヨタ ノア XL Selection(CVT)4WD(7人乗り)を購入した塩ホルモンさん

2代目イプサムと現行ジムニーを所有し、イプサムがボーナス前日に(!)走らなくなったため入れ替えました。
【エクステリア】
エアロレスモデルでも、マイチェン前よりかっこ良くなりました。
【インテリア】
ぱっと見良好。ただ、カチカチのプラスチック。各ポケットの内部も無植毛。イプサムではなかったことです。コストカットは確実にされています。まあ、上位に位置するエスティマでさえそうですから、仕方ないです。自慢の収納の多さも前席に偏っていて、後席は皆無です。センターテーブルとかも。
【エンジン性能】【走行性能】
おそらく走りやすさ重視、トルク重視になったのでしょう。軽のジムニーや10年前に買ったイプサムに慣れていると、アクセルもブレーキもつい踏みすぎがちでぎくしゃくしてしまいます(汗)。私の技術の問題ですね。それだけ性能が良いのでしょう。80kmキープも、大して踏んでいる感覚はありません。
【乗り心地】
無問題。さすがトヨタ
【燃費】
バルブマチック、言うほど、と言うか普通です。一昔前のミニバンから考えたら十分優秀ですが。
【価格】
Gグレード購入予定でしたが、ディーラー氏の薦めで特仕を購入。ほぼ同仕様を安く購入できました。
【総評】
イプサムよりは落ちるかな、と思います(そもそも車格が違っているわけですが)。ジムニーのような面白さや「運転してる」感もなし。
ただ、これだけ背が高くて重くて不安定なはずなのに、カローラ(フィールダーですが)の運転を思い出す扱いやすさがあります。つまり、よい意味で「現代の大衆車」と言えるのが、このノアなのでしょう(コストカットの面から見ても、思想は同じ方向を向いていますね)。
ミニバンがいい、でもアル/ヴェル、エルグランドはガラの悪い人に見える、エスティマは大きく成長してしまったしし、ウィッシュ、ストリームじゃ物足りない、でもボクシー、セレナ、ステップワゴンほど個性がなくてもいいし、なんて方、まさにノアですよ。ノア。

トヨタ ノア i Rayish (7人乗り)を購入しての評価 一番星☆0720さん

Si Rayish 購入1ヶ月
【エクステリア】
ヴォクシーと迷ったがクリアテールが嫌いなのとグリルの押し出し感がノアの方があっていいと思った。普通のSiと違いメッキパーツも付いてる。

【インテリア】
エアコン類のスイッチも使いやすいし、計器類も見やすくてよい。ただ、ヴォクシーの煌Ⅱと比べて装備が少し劣る。室内は広くてよい。

【エンジン性能】
加速が非常に滑らか。そして静か。エアコンを付けて後ろに人が乗ってもグイグイ走ります。

【走行性能】
車高が高いせいか山道を走るとカーブで若干ロールします。車高を落とせばちょうどいいかも。

【乗り心地】
非常によい。逆によすぎてフワフワする。個人的にはもう少し固めの方が○

【燃費】
21年式のワゴンRよりいい。エアコン付けて普通に街乗りで12km/lくらいです。

【価格】
決して安いとは言えないけどそれ相応の満足感は得てる気がする。

【総評】
とても満足してます。デザインも古めかしくないし、装備も充実してます。DOPのナビも付けましたが使いやすいし、長く付き合っていけそうです。
[Source kakaku.com/

ヴォクシーと比べて、比較的落ち着いているエクステリアのイメージですが、オプションなどの選択で変化をつけられるのは、さすがの日本の誇るトップメーカーのミニバンだと感じました。
日本ではこのサイズのミニバンはベターな選択枝だと思いますし、ライバル車との競合で値引きや性能も良くなっていきます。
新型にももちろん期待していますが、現行型にも魅力溢れる車ですね。

コメントを残す