Home /NEWS 新型ノア & ヴ...

新型 ノア ヴォクシー フルモデルチェンジ

新型ノア & ヴォクシー

2013年11月には東京モーターショーで発表され12月には発売されると見込まれている、トヨタの売れ筋ミニバンである、新型ノア&ヴォクシー。その新型ノア&ヴォクシーについて情報が少しずつ出てきている模様です。次期モデルは、3種類の姉妹車種となる事が判明していますが、それぞれ独自のフロントマスクとされ、遅れて出るハイブリッドは新開発の2.0リッターが搭載されるのではなく、1.8リッターが搭載されるのが確定ではないかとの噂です。(トップ画像は現行ノア)
Space

新型ノア & ヴォクシーフルモデルチェンジの概要(噂)

次期ノア&ヴォクシーのハイブリッド化は予想通り、プリウスに使われている1.8Lエンジン+電気モーターのハイブリッドシステムが搭載されるとみられています。THSⅡと呼ばれるこのハイブリッドシステムは、成熟化しており、車両価格を抑えるための必然だったとも言えます。以前から言われている事ですが、ハイブリッド車はかなり遅れるのではないかと想定されています。それは、販売タイミングの問題もあります。トヨタとしては、売れ筋ミニバンであるノア&ヴォクシーを、中途半端な状態で出すことは考えづらく、やはりニッケル水素バッテリーの供給の問題を抱えたまま発売することは出来ないと思われます。

新型ノア & ヴォクシー ハイブリッドの設定

ライバル車でもあるセレナのハイブリッドがJC08モード15.2km/Lと言う数値ですが、新型ノア & ヴォクシーハイブリッドの大幅な燃費改善は間違いないと考えられ、確実に20km/Lを超えてくるでしょう。先日、ホンダの新型オデッセイが突然公開されましたが、ノア & ヴォクシーもいつモデルチェンジしてもおかしくない状況にあります。なので、何らかのサプライズも考えられます。トヨタの新型ハリアーが急ぎ足で発表されたのも、もしかしたら関係あるのかもしれません。これから販売される車種全般に言えるのですが、ハイブリッド専用車種よりも、グレードの一つとしてハイブリッドを設定するのが一般的になるのかもしれません。

Space

コメントを残す