Home /NEWS 新型ダイハツタントカスタム...

新型タント カスタム 画像10

新型ダイハツタントカスタム フルモデルチェンジ 試乗

2013年10月3日、ダイハツは新型車、タント&タントカスタムをフルモデルチェンジして販売を開始しました。先代タントより広い室内、スクエアなエクステリア。そして両側スライドドア、助手席側のピラーレスのミラクルオープンドアに加え、スマートアシストや最新のアイドルストップ等先端装備も盛りだくさんのダイハツ 新型タント&タントカスタム。そんな話題の新型タントカスタムに発売日に試乗してきたと言う、以前もフィットハイブリッドの最速試乗記[新型 フィット ハイブリッド「FIT3 HYBRID」 試乗 評価 個人最速レビュー?]として紹介させていただいた、たっちゃんさん(個人)の試乗記を紹介いたします。
Space

ダイハツ 新型タントカスタム 試乗記

ティザーサイトで発売日がわかっていたので、新型タントカスタムを誰よりも早く試乗しようと思い早速行ってきました!以前フィットハイブリッドを最速で試乗しようとしたら、一人目ではなかったので、この新型タント、特にタントカスタム!これには誰よりも早く試乗しようと予約して当日に行ってきました!予想はしていましたが、平日昼間なのにお客さんがいっぱい(笑)当然と言うかタントが多く、既に契約にかかっている人もいました。

新型タント カスタム 画像0

新型タント カスタム 画像3

ですが、なんとまだ試乗できる状態になっていないと言う(笑)近場のディーラーさんでは一番大きなところなんですが、当日まで車が来なかったみたいです。そして、まず車が到着して展示作業中に僕がいったみたいですね(笑)と言う事は…一番?僕の前に来ていた方は年配の方が多いためか試乗と言う考えがなかったのか、店内で車のカタログで説明を受けたりしていました。なので、自走してきただけなので走行距離がこのとおり45km!ダイハツの方以外では私の住む県内では一番最初の乗車だそうです。

新型タント カスタム 画像7

新型 タントカスタム エクステリア画像

新型タント カスタム 画像11

新型タント カスタム 画像12

新型タント カスタム 画像8

新型タント カスタム 画像9

ディーラーの方が試乗の準備をしてくれている間に、ぐるっと外観の画像をパシパシっとと撮らせていただきました。今回試乗する事になったのは タントカスタムのターボ付きのグレードであるタントカスタム RSと言う上位グレード出そうです。フロントフェイスも含めエクステリアは、全体的にかなりスクエアになっていますね。タントカスタムだから余計だとは思うのですが、ボリュームがあり、程よく押し出し感もあるバランス良いデザインと個人的には感じました。そして、実際ネットで見ていたのですがこのピラーレスはやっぱり強烈ですね。上位グレードなので、両側電動スライドドアが標準となっているそうです。それにしても間口が広い!後部座席も一瞬で広いとわかる広さです。

新型 タントカスタム インテリア画像

それでは乗り込んでみます。運転席まわりは、本当にぱっと見軽自動車とは思えない質感です。ステアリングやインパネ周りはちょっと前の高級車より良いかもと正直思いました。タコメーターも付き黒を基調としたインテリアがかっこいいです!8インチモニターのナビがついても違和感のない面積があります。上位グレードはプッシュスタートシステムです。もはや当然のシステムになっていますね。本当便利になったものです。

新型タント カスタム 画像6

新型タント カスタム 画像3

そして何より広いです!フロントガラスまでの距離を延ばした事によってなし得たと言う見晴らしの良さは正直乗って感じてほしい!と言うレベルの広さを感じます。その延ばした事がよくわかる画像がこちらです。

新型タント カスタム 画像4

もはや三角窓ではなく、ひとつの窓ができています(笑)この分フロントガラスが前に出ています。座ったままでは窓に手が届かない暗い遠いと言えばその広さが少しは伝わるでしょうか。数字だけでは表せない広さです。ヘッドクリアランスも大きく、僕は178cmあるんですが、こぶしみっつ位入るくらいです。これならモヒカンでも大丈夫!そしてぱっと後部座席を見ると、いやあ広い!!当然と言えば当然なのですが、この広さはほんと凄いですね。

新型タント カスタム 画像2

新型 タントカスタム 試乗レビュー

それではそろそろ試乗です。走り出しはそんなに驚きはないです。ですがこれにはオチがありますが後ほど。走り出し信号になると、当然のようにアイドルストップ。ブレーキ感が非常にちょうど良く、すっと止まる感じが心地よいです。そして信号待ち中に、同乗していたディーラーの方が、「ブレーキを強く踏み込んで見てください。」と言ってきました。言う通りにしてみると・・・。エンジンがかかった!これはさりげなく便利!交差点右折時など、止まっている状態からすぐ走り出したいとき、そしてエアコンをつけている時に、エンジンが止まってしまうと送風になってしまうため、そんな時にも使える機能だそうです。うーむ、よく考えられています。そしてさきほど感じたブレーキ感、これは完全に止まる前にゆっくりブレーキを踏むと止まる前に(時速9km/h or 7km/h)エンジンが停止することによって燃費を更に良くするというシステム、エコアイドルと言うものだそうです。もちろんオフにもでき、常にエンジンオンでも走行できます。ですが、発進時にも違和感は感じませんでしたし、これは燃費にわかりやすく影響すると思います。ちなみにアイドルストップしている時間がメーターに出ます。こう言った細かいところ、個人的には好きです!

新型タント カスタム 画像1

走行時も非常に静かで、自然に加速していきます。会話に邪魔になるようなレベルになるには相当スピード出してなければ入ってこない遮音性は、かなりのものです。はっきり言ってフィット以上です。ターボ付きのグレードと言う事もあって、スタビライザーが装備されるとともに、サスペンションがしっかりしていて、ロール感もかなり少なく、軽いコーナリング時にはふらつく事はいっさいありませんでした。それに加え、延ばされたホイールベースの効果もあり、直進安定性スピードを出してもも高く安心して運転できました。この後実は別のダイハツで、タントカスタムではなく、タントも試乗してきたのですが、その時の試乗記も書きたいと思っています。

試乗記ありがとうございました!今回ももしかした個人の方の詳細試乗記は最速なのではないでしょうか?それにしても、タントカスタム、褒めちぎられてますね。欠点を探したいくらいです(笑)雑誌などでは難しい販売されてすぐ、個人の方の意見が見られるのもWEBの良いところですね!フルモデルチェンジした、ダイハツ 新型タントカスタム。これは売れそうですね。

注意、この試乗記はご本人に連絡をとり許可を頂いて掲載しています。評論家・モータージャーナリストでは無いあくまで一般人(個人の方)の主観による意見・感想です。シークドライブでは、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、いかなる保証もいたしませんので、利用者自身の判断でご利用下さいますようお願いいたします
Space

コメントを残す