Home BODY TYPE スズキ ワゴンRが改良で燃...

スズキ ワゴンR 燃費

スズキ ワゴンRの燃費が30km/リッターに

スズキは16日にワゴンタイプ軽乗用車ワゴンRとワゴンRスティングレーを一部改良し、軽ワゴンNo.1の低燃費30.0km/Lを達成し、軽ワゴンNo.1の燃費を達成したと発表しました。また、ワゴンRが1993年の発売より20年目を迎えたことを記念して、特別仕様車「ワゴンR 20周年記念車」を設定しました。
Space

1、ワゴンR・ワゴンRスティングレーの一部改良の特長

1.軽ワゴンNo.1の低燃費※3 30.0km/L※1を達成!

R06A型エンジンや副変速機構付CVTをさらに改良して、パワートレインを高効率化。CVT車は全機種エコカー減税※4の免税対象車。

 

2.先進の安全技術を搭載

・レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]
・誤発進抑制機能
・エマージェンシーストップシグナル
・ESP(R)[車両走行安定補助システム]

特別仕様車「ワゴンR 20周年記念車」を設定

・専用ブラックメッキのヘッドランプ及びフロントグリルや、迫力ある15インチアルミホイールなどを採用したエクステリア。
・高品位でスポーティーな、ブラック基調のインテリア。
・レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]や誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)を標準装備。

改良されたワゴンRは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの先進の安全技術を搭載して、7月16日より発売されます。

コメントを残す