Home /NEWS スズキ スイフト XL-D...

スズキ スイフト 試乗記 画像1

スズキ スイフト

2013年7月17日マイナーチェンジ。フロントデザインは躍動感がある新デザインに変更し、ロアグリルをワイド化、ラジエーターグリルをメッシュ化しスポーティーさと力強さを調和するデザイン。デュアルジェットエンジンを搭載し26.4km/L(JC08モード)の低燃費を実現する。そんなスズキスイフトを、過去記事アコードハイブリッドを紹介させてもらいました、趣味が車・バイク・ドライブで、色々な車の試乗もされている”YASU”さんの試乗評価を紹介します。
Space

スズキ スイフト 試乗記 画像2

元々、スイフトは走りがよく私も好きな車なんですが、そのスイフトがマイチェンしてさらに新型エンジンに、エネチャージになった・・・これは気になります。

今回、マイチェンということでエンジン以外にも細部に手が加えられさらに上質なスイフトになっています。

まずエンジン・・・出だしから加速が違うな・・・と感じますがアクセルを深く踏み込んだ時の加速の気持ちよさがこのデュアルジェットの違い・・・さすがバイク屋さんのスズキというフィーリング・・・これって本当に1.2L??と思います。CVTも賢くなり、ギクシャク感が減っているので、走りがとても滑らかですごくよくなっています。

さらに今回、足回りも変更があったということで、基本、しっかりした足のスイフトがしなやかさを手に入れ、走りの質がさらに高くなりました・・・以前はスイフトはコンパクトカーにしては走りが格段にいいけど乗り心地は硬さが少し・・・という印象だったのが後期は、しっかりした走りは健在なのに、乗り心地が良いんです。

ハンドリングも、コンパクトカーにしては勿体ないタイヤ・・・トランザを履くので、しっかり狙い通りのコーナリングをしてくれます。乗り心地が良いのもこのタイヤのおかげなんでしょうね。

さらに今回、シートが改良されたということで、これが1番感動した点・・・以前はシートがもう少ししっかりしていれば良いのに・・・という印象だったのが、今回は硬すぎず柔らかすぎずなすごくいいシートになりました。日本車でシートが良いな・・・と思う貴重な車です。

注意、この試乗記はご本人に連絡をとり許可を頂いて掲載しています。評論家・モータージャーナリストでは無いあくまで一般人(個人の方)の主観による意見・感想です。シークドライブでは、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、いかなる保証もいたしませんので、利用者自身の判断でご利用下さいますようお願いいたします

 

[source: YASU]

コメントを残す