Home /NEWS ガソリンスタンドが水の混入...

ガソリンスタンド

山口県のガソリンスタンドが水の混入したガソリンを販売!エンジン トラブル相次ぎ発覚!

JX日鉱日石エネルギーは19日、特約店が運営する山口県岩国市のガソリンスタンド、岩国南サービスステーションで、水が混入したレギュラーガソリンを販売したと発表しました。エンジンが止まるなどのトラブルが、同日までに23件報告されているそうです。
Space
同社によると、混入した可能性があるのは15日午後3時~18日午前10時の販売分。18日朝、客からトラブルの連絡が相次ぎ、タンク内を調べたところ、水が混じった時に起きる白い濁りが確認。

同ガソリンスタンドにはレギュラーガソリンのタンクが2基あり、1基は補修工事に伴い、ガソリンを抜いて15日午後3時頃から清掃のため水をためていた。2基のタンクは配管でつながっており、何らかの不具合でもう一方のタンクに水が漏れ出した可能性が高いとの事。

この間の給油件数は延べ352台で、うち168台は特定され、ガソリンの入れ替えなどの対応を取っています。

コメントを残す