Home /NEWS 車載オーディオがタブレット...

パイオニア ナビ iPhone 自動車 連携

車載用オーディオがタブレットに負けないように進化したら、むしろタブレットに近づいてる

現在世界的に車載用オーディオはタブレット端末などの多用途化によって、独自の進化をしています。車の中でCD等の音源で音楽を聴くのは最近ではあまりメジャーではなく、ほとんどがカーナビのHDDやフラッシュメモリプレイヤー等を使い、ある意味車載用オーディオには苦難の時代と思われます。そんな中、海外向けのパイオニアの新型車載オーディオがタブレットに負けないように進化をしていったら、むしろ手で持てないタブレットのようになってしまっていると言うニュースです。
Space

最新の車載オーディオの進化

パイオニア ナビ iPhone 自動車 連携

パイオニア ナビ iPhone 自動車 連携

パイオニア「Pioneer」はカーナビ、車載オーディオでは、世界的にもトップクラスのメーカーで、国内でも最先端の技術を用いたナビが人気があります。そのパイオニアが今回海外向けに販売予定のカーオーディオの特徴は、ほぼ全てのスマートフォン(Android 4.0から、すべてのAppleデバイス(IOS))に対応し、もちろん大型タッチスクリーンからアプリを使用する事が出来るのは当然として、あのIOSに搭載されている会話型インターフェイス”Siri”にも対応するなど盛りだくさんです。

車載用オーディオとしての進化

もちろん、スマートフォンの中に入っている音楽を流すことも出来ます。そして、何より注目すべきは、この大画面はカーナビではなく、アプリ連動・操作を主目的に作られているという点です。iPadや、Nexusなどの小型タブレットや、スマートフォンの普及により、カーナビはスマートフォン等で十分と言う人も増え、音楽もiPodなどのMP3プレイヤー接続出来るのが当然となり、カーオディオは負けないよう独自の進化をしていった結果、車載用持ち歩けないタブレットへと独自の進化をしていっていると言うわけです。

もちろん音質は独自の技術で、折り紙つきなわけですが、カセットやMDを車の中で聞いていた僕からすると、いくらガジェット好きでも、さすがに凄いなと感じてしまいました(笑)日本でも売るのでしょうか…

 

[source: autowereld]

コメントを残す